【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

クラウドシステムがIT補助対象に Scuritize Japan

Securitize Japan(セキュリタイズ ジャパン、東京都中央区)は、提供する不動産クラウドファンディングプラットフォームが、経済産業省の「IT導入補助金2022」の対象ツールとして採択された。導入する企業は、最大450万円の補助金を受けられる。

同ツールは、不動産特定共同事業法に基づく電子取引業務で有用な、投資家用の画面や事業運営者の管理画面などの各種機能を備えている(写真はサービス画面のイメージ)。また、出資持ち分をトークン(デジタル証券)化させて、投資家が安全に相対で取引できる機能も追加できる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています