【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

安田不、本社など再エネ電力に切り替え

マークライト虎ノ門

安田不動産は、東京・神田錦町の本社など運用・管理中の計22棟のビルにおいて使用する電力を、再生可能エネルギー(再エネ)由来の電力に切り替えた。今回、導入する再エネ電力は、東京電力エナジーパートナーおよびエネットが提供するトラッキング付非化石証書を活用した「RE100」対応の電力。各施設の入居テナントは、実質再エネ由来100%の環境価値のついた再エネ電力を利用できるようになる。

この切り替えによって、年間約1万8400メガワットhの再エネを利用し、年間で約8000トンのCO2削減を見込んでいる。今回より以前に導入済みのワテラスと関西商業ビル3棟を合計すると年間約1万5000トンのCO2を削減する予定だ。同社は、今回の取り組みをはじめとして、再エネ電力活用の対象物件を順次追加していく。

なお、今回再エネ電力を導入したビル22棟は次の通り。

マークライト虎ノ門、錦町トラッドスクエア、三洋安田ビル、竹橋安田ビル、竹橋スクエア、神田橋安田ビル、安田シーケンスタワー、名古路ビル本館、NTF竹橋ビル、竹橋3-3ビル、名鉄不動産竹橋ビル、安田グリーンパーク、コンフォール安田ビル、神田ポートビル、昭栄第2錦町ビル、HAMACHO HOTEL&APARTMENTS、スプラウト日本橋浜町、青山安田ビル、お茶の水ユニオンビル、ナーベルお茶の水、市ヶ谷安田ビル、渋谷KIビル。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています