お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

好調な販売が続くマンション市場(写真は千葉県習志野市の「ユトリシア」)

不動産会社・決算 今期は増収増益基調へ 住宅分譲の利益率改善 ビル賃貸、年内底打ちか

 主要不動産会社の12年3月期決算が出そろった。大手系はマンションなど住宅分譲事業における震災の影響が売上減として表れたが、営業利益率の改善で利益を確保。一方、大京などマンション専業会社は概ね堅調で、増収増益を確保した企業も見られる。今期の業績予想では、総合ディベロッパーがビル賃貸事業に不透明感が残る。住宅分譲はほぼ巡航ペースを維持する見込みだ。ただ、用地の取得競争激化と建築費の上昇懸念は大手・中堅ともに抱えており、各社の情報力と体力勝負になる可能性が強い。  続きを読む >>

総合

5月22日号

総合

政策

マンション・開発・経営

賃貸・管理

住まい・暮らし・文化

賃貸・地域・鑑定

資格・実務

営業・データ

開発・企業

2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています