お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

インフラ復旧は15年中に完了の見込み

液状化被害の新浦安 復旧 着々と進行中 売買市況に光差す 駅近中古マンションに動きあり 現状、地元住民の移動に限定

3.11から1年半。液状化現象により9000件以上の建築物で被害が認められた千葉県・新浦安地域で、住宅の復興が進んでいる。合意形成に時間の掛かるマンションも、本格的な補修ラッシュに突入したようだ。売買市況も一部では好転の兆しもみられる。新浦安の今を追う。(4面に関連記事) JR京葉線・新浦安駅から海側に向かって数分歩くと、中層マンション群のほぼ全棟が養生シートで覆われた光景が見え (続く) 続きを読む >>

総合

9月18日号

総合

政策

マンション・開発・経営

賃貸・管理

住まい・暮らし・文化

賃貸・地域・鑑定

資格・実務

営業・データ

開発・企業

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています