お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

東京都が指定する特定緊急輸送道路は約1000km。一定建築物に耐震診断を義務化しているが、約8割が完了している

地震対策、「待ったなし」 東京都 沿道耐震化 官民挙げて推進 助成制度延長など課題

首都直下型地震が30年以内に発生する確率は約70%。文部科学省地震調査研究推進本部が公表した予測だが、地震への備えは「待ったなし」の状況となっている。東京都では11年4月、救命救急、物資輸送、復旧復興の〝大動脈〟と位置付けた「特定緊急輸送道路」の沿道建築物について、耐震化推進の条例を施行。14年6月時点で、約8割の対象建築物の耐震診断が終了している。東京都では、今後もセミナーや個別相談の積極化で (続く) 続きを読む >>

政策

9月9日号

政策

投資

マンション・開発・経営

総合

賃貸・管理

資格・実務

売買仲介

営業・データ

住まい・暮らし・文化

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています