お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

空き家の流通促進を目的に所有者情報を開示する検討がなされている(写真はイメージ)

空き家の所有者情報 開示の仕組みを検討へ 国交省 固定資産税情報の活用で

空き家の流通促進を目的として、宅地建物取引業者などの民間事業者に、空き家の所有者情報を開示する仕組みを国土交通省が主体となって検討している。仮に宅建業者が開示対象になれば、不動産の専門家の立場から空き家活用に貢献できると共に、業務の裾野拡大が期待できる。 賃貸や売却などの予定のない空き家は全国で約320万戸(13年度住宅・土地統計調査)に上る。国交省は耐震性や立地条件などの観点から、このうち約 (続く) 続きを読む >>

総合

5月3日号

賃貸・管理

政策

総合

投資

マンション・開発・経営

マンション管理

売買仲介

住まい・暮らし・文化

営業・データ

資格・実務

宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています