お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

価格の高止まりで需給共に低調な状況が続く新築マンション市場。今後は立地の重要性が更に高まりそうだ

新築マンション 立地の重要性増す 交通利便性、キーワードに 職住近接の流れ加速へ

 不動産経済研究所の調査によると、16年の首都圏新築マンション供給戸数は、15年を11.6%下回った。09年以来の3万戸台の低水準となり、平均初月契約率も68.8%で、こちらも09年以来に好不調の目安となる70%台を割り込む結果となった。市場の冷え込みがくっきりと表れる内容だ。住宅ローンが低金利であるというアドバンテージはあるものの、販売価格の高止まりが市場を停滞させている。住宅新報社が16年末に実施した調査でも、17年のマンション市場の売れ行き予想について「前年よりも悪化する」と答えた割合は32.5%に上った。前回の15年末実施調査では「悪化する」が15.2%だったことを考えると、17年は市況をより厳しく捉えている状況が見て取れる。17年の新築マンション市場はどうなるのか。  続きを読む >>

マンション・開発・経営

1月24日号

マンション・開発・経営

総合

政策

投資

人事

マンション管理

賃貸・管理

売買仲介

資格・実務

住まい・暮らし・文化

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています