お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

改正宅建業法に規定されるインスペクション活用 ※国土交通省資料より抜粋

今注目のインスペクション 宅建業法の対象はどこまで 利害関係者は原則不可に

 インスペクションを行ったか否か、宅建業者が重要事項説明時に買主に説明を行うなどの改正宅地建物取引業法が16年に成立、公布された。18年4月の施行後は、中古住宅の個人間取引の過程にインスペクション(建物状況調査)が多く利用される公算が強くくなる。どのような行為が「〝宅建業法上のインスペクション〟とみなされるのか」、「インスペクションを行うインスペクター資格」について骨格は定まってきたが、検討の余地も残されている。国土交通省は既存住宅売買瑕疵保険の普及に期待を寄せており、宅建業法インスペクションの基準にもそれが反映されるとみられているが、どうなるか。現状の国の取り組みと業界の動きを2週にわたって報告する。  続きを読む >>

政策

2月28日号

政策

総合

投資

マンション・開発・経営

人事

営業・データ

マンション管理

賃貸・管理

資格・実務

売買仲介

賃貸・地域・鑑定

住まい・暮らし・文化

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています