お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

(本紙調査より)

空き家バンク 活用に自治体で落差 登録・成約促す柔軟運用 業者不在地域の受け皿

 総務省の「18(平成30)年住宅・土地統計調査」で、空き家率が過去最高の13.6%に達し、全国的に空き家問題への対応が求められている。その中で空き家バンクは、19年12月末時点で全自治体の約3分の2に当たる1193自治体が設置し、未設置の自治体のうち、222自治体でも準備中や今後設置予定であり、浸透してきた制度といえる。一方で、空き家バンクの登録物件数が100件を超える自治体がある一方で、10件程度の自治体が多いなど大きな開きがある。その理由をつかむため、登録・成約件数が多い自治体を中心に取り組みについて調査を行った。   (池中隆)  続きを読む >>

総合

1月21日号

総合

政策

マンション・開発・経営

売買仲介

賃貸・管理

資格・実務

住まい・暮らし・文化

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています