お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

コロナ禍による非対面ニーズへ対応が求められた各社。写真は「IT重説」のイメージ(提供:GAテクノロジーズ)

コロナ禍の売買IT重説社会実験 登録780業者、1年間で急増 投資用物件での活用進む 

 個人を含む売買取引における「IT重説」の社会実験の開始から1年が経過した。不動産の電子化取引の促進を目的に、19年10月から大手仲介会社を含む59社でスタートしたもの。当初実施期間は1年程度と想定されていたが、コロナ禍の感染対策が求められる状況を鑑みて、継続実施が決定。登録事業者も780社(20年10月5日時点)と大きく増加した。本格運用に向けた手応えと課題は何か。不動産取引の安全性や利便性の向上など、登録事業者の事例と共に考える。  続きを読む >>

総合

10月13日号

新型コロナウイルス関連情報

売買仲介

政策

総合

投資

マンション・開発・経営

マンション管理

人事

賃貸・管理

営業・データ

資格・実務

賃貸・地域・鑑定

住まい・暮らし・文化

宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています