お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

知って得する建物の豆知識 (85) 木材の等級 「目視」と「機械」でクラス分け

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 木材にはランキングがあります。2等や並1等などと呼ばれる、足場などに使う節だらけの木材から、「4ム」と符丁で呼ばれる特1等4面無節(どの面にも節がない)まで、13段階に分類されます。この分類は主に審美的な側面からのグレードで、和風建築などで柱や造作材が直接見える場合には、重要なグレードと言えます。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

連載「知って得する建物の豆知識」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

不動産コンサルティング技能試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています