お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

気がつけば業界にも〝第3極〟 専門性競う新興団体 生き残りかけ連携模索か

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 住宅着工50万戸時代が現実味を帯びる中、とりわけ危機感を募らせているのが中小不動産業界だ。縮小するマーケットの代替市場拡大に力を注ぐ。不動産コンサルティングや定期借地権、最近は相続ビジネスへの参入を目指す企業も多い。そうした特定分野での専門性を磨き、普及促進を目指す新興団体が増えている。従来からの伝統的団体とは一線を引く、〝業界第3極〟としての活動に期待が寄せられている。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています