お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

回復基調をアベノミクス後押し 改善、上向き示す住宅関連指標 消費増税、金利が今後の焦点

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 住宅・不動産関連の動きを示す各種指標、データがいま上向き、改善傾向にある。市況はリーマンショック直後を底に、根強い実需を背景に回復軌道に乗せてきたが、そこに昨年12月、自公連立の安倍晋三内閣が誕生。金融緩和、財政出動と成長戦略という経済対策、アベノミクス「3本の矢」による景気回復への期待感が高まり、円安、株高と共にムードは一変。住宅・不動産市況の回復感に弾みがついたのが、今の各種指標である。ところが、ここへきて株式、為替市場の反応は芳しくない。大胆な政策を促しているとも言われる。これが今後の住宅・不動産市況に影響を与えるのかどうか。これまでの市況の動きなどから探った。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています