総合

東日本大震災から3年 忘れず、伝えていく大切さ 進む備え、発生時の対応も

 日本中が忘れることのできない「11年3月11日」から3年が経過した。甚大な被害、絶望、悲しみの中、過去よりも今、そして未来をみすえる力強さで、着実に「復旧」から「復興」へと歩んでいる。日本人には、あらゆることを真摯に受け止め、学ぶ謙虚さがある。そして、それを形にする高い能力もある。だからこそ、過去の様々な苦難からも立ち直ることができた。「あの日」を忘れることなく、一歩一歩進む日々が続く。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます。
新聞のお求めはこちら»  会員について»