お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

ポラスの高根台プロジェクト 現地の〝今〟を追う (4) 船橋市初の「景観協定」結ぶ

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 ポラスが千葉県船橋市で開発中の大型一戸建て分譲団地「リーズン船橋高根台」(総区画数102)の販売が始まっている。UR都市機構が建て替え・再生中の「高根台団地」の一角にあり、豊富な緑とのびのびとした生活環境が魅力だ。プロジェクトのコンセプトである「100年の森構想」を担保するため、船橋市初の景観協定を締結したことも注目される。中央住宅戸建分譲設計本部の池ノ谷崇行主任は「自然を感じながら暮らすことができる魅力を最大限表現したかった」と語る。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています