お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

特集 東日本大震災5年 「発展」へ高まる業界の期待 「街の魅力」生み出す 新日鉄グループ 釜石・5年の軌跡

この記事を読むのに必要な時間:約5分

 東日本大震災から5年。被災地では復興への取り組みが着々と進んでいる。混乱下での資材・職人不足、建築費高騰など計画通りに進まない外的要因が多い中、被災地を救おうと懸命の活動が行われてきた。進ちょくの遅れを指摘する声もあるが、被災者のことを思えばそれも真摯に受け止めなければならない。住宅・不動産業界でも多くの貢献がなされてきた。復旧から復興、そして発展へ。「元通り」だけでなく、開発力やコンサル力で、被災地をこれまで以上に魅力的な街にすることが、業界に期待されている。新日鉄グループが、岩手県釜石市で取り組んできた5年をレポートする。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています