お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

不動産各社9月中間決算 大手など収益最高更新 オフィス新規、増額改定が寄与 マンション主力組も堅調

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 主要不動産会社の17年3月期第2四半期(9月中間)決算が出そろった。マンション市況に減速感が出ているものの、計上ベースではほぼ順調に推移していることに加え、大都市圏を中心に不動産投資意欲が高水準であること、オフィス賃料も堅調であることなどで、全般に増収増益基調となった。特に再開発案件などの大型オフィスや商業施設を展開する総合大手企業では、新規案件の稼働や賃料の増額改定が後押しし、中間期としては収益とも過去最高となった。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています