お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

家賃債務保証業、登録制を検討 保証内容説明など課題山積 住金機構保険の優遇も

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 アパートやマンションの賃貸借契約を締結する際、従来は親族に連帯保証人を頼むのが一般的だったが、現在、賃貸借契約全体の約6割が家賃債務保証会社を利用している。また、高齢者など住宅確保要配慮者や外国人など保証人の確保が困難な人もいて、その傾向に拍車がかかっている。ただ保証業者も千差万別で、業界団体の自主ルールはあるものの、その団体自体に入っていない業者も数多いのが実情だ。そこで、国は、一般消費者や住宅確保要配慮者が家賃債務保証業者の情報を手に入れやすい仕組みを作るとして、家賃債務保証業者の登録制度創設を打ち出した。その背景や問題点を追った。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています