お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

大言小語 声を届けて

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 人はペラペラしゃべるよりも寡黙なほうが良いと聞く。沈黙は金ということわざもあり、英語でも、訳すと「雄弁は銀、沈黙は金」という言葉があるそうだ。しかし、常に沈黙していることが素晴らしいかというと、そうではない。

 ▼7月初旬に国税庁長官に就任した佐川宣寿氏。通常、長官に就任した場合、数週間以内に就任会見を開くのだが、既に1カ月が過ぎても音沙汰なし。そして、ついに国税庁は「就任会見は諸般の事情により開かない」と発表をした。会見を開かないのも異例だが、開かないことを発表するのも異例中の異例だ。

 ▼佐川長官の顔は多くの人におなじみだろう。財務省理財局長のときに、いわゆるモリトモ問題で国会答弁に何度も立ち、事実確認や記録提出を拒んで批判を浴びた。理財局長から国税庁長官への就任は過去にも例があるのに、多くのマスコミは批判している。会見を開くと任務と関係のない質問が多くなり、会見の目的が果たせない恐れもあり、こうした措置となったのか。

 ▼しかし、長官の納税に対する本心が聞けないのは極めて残念だ。それを国民に届けることができない、国民の反響も分からないでは得をする人がいない。国税庁の役割は「納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現する」(同庁HPより)ことにある。今後は様々な機会を捉えて長官の声を届けてほしい。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています