お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

野村不「オハナ」シリーズ、供給4000戸を突破 相模原市などで一次層向け 「淵野辺」は坪単価148万円

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 野村不動産が「プラウド」と併行して進める「オハナ」シリーズの分譲マンションの総供給量が20棟、4000戸を超えた。首都圏郊外部で一般需要者に高品質住宅を提供しようと11年に供給を始めて6年。神奈川県相模原市の「オハナ淵野辺ガーデニア」(中央区、516戸)と「オハナ町田オークコート」(南区、310戸)が竣工して大台を突破した。手頃な価格設定と品質・商品性、コミュニティ支援などが奏功し、順調に契約を伸ばしている。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

不動産コンサルティング技能試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています