お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

住宅ローンビジネスの変容(上) 融資から媒介、プラットフォームへ 金利はネット銀行水準に

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 日本銀行のマイナス金利政策が続いている影響で、住宅ローン金利も連動して低い状態が続いている。マイナス金利政策が始まった16年は、住宅ローンの借り換え需要がピークを迎えていた。そんな中、住宅ローンを融資する金融機関、媒介するサービスなど関連ビジネスは好景気にわいていた。3年目に入る今年、もう借り換えブームは去っているが、ローン関連ビジネスは更にその先を見据えた動きをして活気を呈している。その現状を追った。                (近藤 隆)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています