お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

大言小語 東京の大雪と大寒波

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 雪にはめっぽう弱い東京。4年ぶりに都心で20センチ以上の積雪を観測した1月22日。その余波は、24日からの大寒波襲来で長引き、今なお滑って転ぶ可能性のある危険カ所が数多く残っている。今回、弱点の象徴になったのが、除雪に手間取っていた首都高速道である。26日なってようやく動脈は全通した。

 ▼開通が遅れた要因について、都心部周辺の再開発の進展を指摘する声がある。道路上に日影が増え、ビル風が強まったことが、積雪を溶けにくくさせ除雪を難しくしているというのだ。元々首都高は川や運河の上など風の通り道を走り、長いトンネル区間もあるため、検証は難しい。都市構造の変化が一因であることも事実だろうが、そうだとしても最大の要因は雪対策が十分でなかったことである。

 ▼雪国新潟でも時々交通マヒが起きる。JR信越線で1月11日、乗客400人を乗せた電車が15時間も立ち往生した。翌日からのセンター試験を受ける高校生も数多く乗っていた。降雪が強まる中で電車を走らせた判断、その後の復旧作業の進展が順調でなかったことをJRは謝罪した。雪対策〝先進県〟でも的確な判断と効果的な対策が難しいことを示している。

 ▼地球温暖化のためか、このところ気象変動の振幅が大きくなっている。首都圏でもそろそろ本格的に「降雪」「積雪」を前提とした交通ルールや除雪対策などを確立する必要があるだろう。降雪はこれからが本番だ。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています