お知らせ
競売不動産取扱主任者資格 | 不動産競売流通協会(FKR)

遺すということ 家財整理・特殊清掃の現場 (下) 試行錯誤の特殊清掃業 開く技術格差

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 高齢者世帯が増えており、生前・遺品の「家財整理」の需要が高まっている。孤立死の際の「特殊清掃」でも新規業者が参入し始め、業者間の技術格差が広がっていくばかりの状況だ。原状回復費を補償する保険商品が開発されてきているが、単身高齢者世帯がひっそりと亡くなる状況が増えていく可能性は高く、見守りなどのサービスの一層の普及が必要だ。 (坂元浩二)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています