お知らせ
競売不動産取扱主任者資格 | 不動産競売流通協会(FKR)

大言小語 揺らぐもの

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 今、触れずにいられない話題と言えば、建物に使われる免震・制振用ダンパー装置の「検査データ改ざん問題」になるだろう。建設・不動産業界だけではなく、世間一般を震撼させたことは間違いない。ただ、これら装置が実際に使用されている建物が揺らぎ、損壊などの大きな被害を出したという事例は、いまのところ判明していないようだ。

 ▼似たようなケースで思い出されるのは、05年に発覚した「姉歯問題」と言える。元一級建築士が構造計算書を改ざんして、建物の耐震性能を偽装していたというものだ。私事だが亡くなった父は、その当時、構造設計事務所を営んでいた。「設計者は、命にかかわる大事な仕事に携わっているのに、いったい何を考えているんだ」とテレビを見ながら、非常に腹を立てていた姿を思い出す。

 ▼改ざんと言えば先日も、東京医科大学の入学試験の合否判定を不正に操作し、本来ならば受かっていたはずの人たちが不合格者とされた問題が見つかったばかり。これも、人の人生を大きく左右させる判断であり、恣意が悪影響を及ぼしている事例だ。

 ▼そう言えば、霞が関でも、障害者の法定雇用率の計算で、普通の近眼者の数を参入するなどの水増し問題が発覚している。冒頭で述べた免震装置は、一般のマンションや戸建住宅だけでなく、中央省庁の庁舎でも使われているというのは、何やら皮肉めいたものを感じる。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています