お知らせ
競売不動産取扱主任者資格 | 不動産競売流通協会(FKR)

定期借家の「事前説明」と「重説」(上) 弁護士 吉田修平 両者を兼ねるための5つの要件

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 平成30年2月28日、国土交通省土地・建設産業局不動産業課長と国土交通省住宅局住宅総合整備課長の連名で、定期建物賃貸借に係る事前説明を宅建業法の重要事項説明とあわせて実施することに関する、実務上極めて重要な通達がなされた(国土動第133号、国住賃第23号。以下「本通達」という)。本稿では2回に分けて、本通達の法律上の意義について分析し、射程等について考察する。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています