お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

鉄道各社が沿線価値を再生 社宅を賃貸と交流拠点に 地域コミュニティに着目

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 社宅をコミュニティに開かれた賃貸住宅へリノベーションする首都圏の鉄道会社の動きが活発化している。JR東日本の社宅を改修し、貸し農園などを整備して、周辺住民との交流を促す賃貸住宅「リエットガーデン三鷹」(東京都三鷹市上連雀3丁目)が今年開業する。鉄道会社が社宅を改修した賃貸住宅の事例として、小田急電鉄の「ホシノタニ団地」がある。グッドデザイン賞金賞受賞など高い評価を受けた。両社に共通するのは、エリア価値の維持・向上。沿線人口の将来的な減少予測が背景にある。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています