お知らせ
プロジェクト融資|不動産業者の方のローンならセゾンファンデックス

「買い時」は16%に低下 「不動産の日」で1.8万人調査 全宅連

この記事を読むのに必要な時間:約2分

全国宅地建物取引業協会連合会および全国宅地建物取引業保証協会(全宅連、全宅保証、坂本久会長)が、9月23日の「不動産の日」に合わせて一般消費者に実施した18年度調査(住宅の居住志向および購買等に関する意識調査)によると、消費税率の引き上げを控え、不動産が「買い時だと思う」は16.3%(前年比3.6ポイント減)、「買い時だと思わない」は22.6%(同2.1ポイント減)、「分からない」は5.6ポイント増加し61%となった (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています