お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

中央住宅(ポラスグループ) 次世代電力供給 実証へ 今夏、浦和美園の分譲地で開始 住民がつながる街へ

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 ポラスグループで戸建て分譲住宅を手掛ける中央住宅(埼玉県越谷市、品川典久社長)は、さいたま市緑区の浦和美園エリアで戸建て分譲事業「浦和美園E―フォレスト コネクテッドサイト」を開発・販売している。これは埼玉県住まいづくり協議会(風間健会長=高砂建設社長)の会員企業である中央住宅、高砂建設(埼玉県蕨市)、アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)の3社による共同開発。今回は「浦和美園E―フォレスト」シリーズの第2弾となり、住宅では日本初の試みとなるDGR(デジタルグリッドルーター=電力融通と電力識別を自動で行うシステム)による次世代型電力コミュニティも導入する。中央住宅は2月7日にモデルハウス3棟の見学会を開催した。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

不動産コンサルティング技能試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています