お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

改正建築物省エネ法が成立 附帯決議で「市場の混乱回避」求める

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 建築物の省エネ基準への適合義務化範囲を中規模オフィスビルなどにも拡大した「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律」(改正建築物省エネ法)が5月10日、参議院本会議で可決、成立した。施行は原則として公布日から半年以内。ただし同改正法の柱となる省エネ基準への適合義務化など、事業者への影響が大きい部分については21年度に施行される見通しだ。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019
【入場無料】“賃貸管理”からあらたな“顧客を生み出す”セミナー(東京)【アンコール講演】

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています