お知らせ
競売不動産取扱主任者資格 | 不動産競売流通協会(FKR)

18年度 売買仲介実績 手数料収入、二極化進む 大手は続伸、過去最高も 単価上昇基調続きリテール好調

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 主要流通各社の18年度売買仲介実績がまとまった。住宅新報が主要28企業を中心に実施したアンケート調査によると、手数料収入は、二桁増となった4社を含めて5割の14企業が増収。一方、減収は17年度の9社から増えて12社となるなど、二極化の様相が強まってきた。取扱件数は前年度並みで16社が増加。取扱高については増加が15社(17年度は20社)と5割超にとどまったが、平均取扱単価の上昇が件数をカバーする企業も見られた。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています