お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

最先端スマートシティ実現へ 日本版「スマートシティ」 担い手の多様化に課題も ロボット技術活用 次のステージへ >>(上)

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 大手不動産企業による「スマートシティ」が進展している。日本が抱える課題に少子高齢化による働き手不足があり、この対応策の一つとしてロボット技術がある。この技術を活用した最先端のスマートシティ実現を試みる動きもある。一方、スマートシティは、エネルギー分野やIoT技術を活用するイメージが強いが、海外では、関係分野が幅広いためスマートシティの定義はあいまいだとの指摘もある。また、担い手の多様化も今後の課題だという学識経験者もいる。日本が目指すスマートシティとは、どのようなものか。今回と次回の2回に分けて掲載する。   (桑島良紀)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています