お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

新通信規格LPWA スマートシティやスマートビル、災害対応 不動産で応用広く

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 IoT環境の整備に向け、消費電力を抑え、長距離のデータ通信を実現する新たな通信規格LPWA(ローパワーワイドエリア・今週のことば)の可能性に、大手不動産企業が着目し始めている。わずかなデータしか送れないため、大量のデータ通信が可能な5Gとは対極にあるが、通信業者免許が不要で、低コストで独自の通信網を構築できるという強みがある。スマートシティやスマートビルへの対応、災害時の人員把握など応用範囲は幅広い。現在、LPWAで実証実験をしているのは大手不動産企業が中心だが、低コストという特徴により、地域の不動産企業が行う物件管理や新サービスの提供などへ広がる可能性もある。不動産分野におけるLPWA活用の現状を追った。       (桑島良紀)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています