お知らせ
競売不動産取扱主任者資格 | 不動産競売流通協会(FKR)

試金石「ワーケーション」創造の地 ▶上 高まる企業ニーズ 地元行政も支援 テナントへソフト提案充実

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語「ワーケーション」。海外を中心として休暇先で働く新しいワークスタイルとして始まり、日本においても働き方改革や地方創生の流れの中で取り組みが始まっている。ワーケーションを実施する企業は、大手企業のみならず、外資系企業やスタートアップ企業など幅広い。こうした動きに対して、住宅・不動産企業はテナントへのサービス充実や地域の活性化への貢献、自社施設の活用などで対応を模索する。住宅・不動産業界は、始まったばかりのワーケーションと、どう関わっていくのだろうか。 (桑島良紀)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています