お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

ニュースが分かる! Q&A 新型コロナウイルスが猛威 国交省は水際対策に注力

この記事を読むのに必要な時間:約3分

国交省の対策会議(2月5日)

 館前 さて、今日の新聞は……ううむ、国内でもずいぶん患者が増えているな。

 正直 おはようございます、どうしたんですか館前(たてまえ)先輩。

 館前 おはよう正直(まさなお)くん。新型コロナウイルス感染症の件だよ。報道によれば、国内でもかなりの人数が感染しているみたいだ。恐ろしい話じゃあないか。

 正直 19年12月ごろに中国の湖北省武漢市で確認されて以来、同国内外で広がりを見せている新型感染症ですね。日本で初めて患者が確認されたのは20年1月15日。03年ごろに世界中で大問題になったSARSと同じ、コロナウイルスの一種だそうで。ところで今日は何日でしたっけ。

 館前 寝ぼけているのかい? 2月6日だろう。

 正直 2月6日現在ですか。昨日の厚生労働省の発表だと、国内では19人の患者が確認されていますね。報道によれば実際には45人にものぼるものの、日本に入国していないクルーズ船の乗員などはカウントが微妙なようです。

 館前 妙な話し方をするなあ。ともかく、日々多くの人と接する我々不動産業者としては、万が一にもお客様にうつさないよう、まずは自分が健康管理に十分注意せねば。

 正直 結論は風邪やインフルエンザと同じですね。

 館前 それはそうだが、未知の病気だからな。予防法も治療法も確立していない以上、感染防止の重要性は通常の風邪の比ではないだろう。

 正直 中国で発生して拡大してるんだから、発覚時点でそちらからの入国を全員拒否していれば……。

 館前 おっと正直くん、それ以上はいけない。我が国には人権というものがある。

 正直 国内で感染した人の人権はどうなるんですかね。入国・渡航の制限など、拡大防止策が必要でしょう。

 館前 行政が何もしていないかのような言い方だな。政府は2月1日から、14日以内に湖北省への滞在歴がある外国人の入国を拒否する体制にした。併せて新型コロナウイルスを指定感染症に定め、強制入院などの措置ができるようにしたぞ。報道によると4日には、安倍晋三総理大臣が入国拒否の対象拡大も検討していると発言したそうだ。

 正直 もう国内に入って三次感染まで起きているのに。

 館前 そう言い方はよくない。だからこそ対策に本腰を入れる必要があるんだろう。それに対応の中心となる厚生労働省だけでなく、我々不動産業者と関係の深い国土交通省こそ、君の言う拡大防止に向けた水際対策で活躍しているぞ。昨日の5日も、国交省新型コロナウイルス感染症対策本部の第3回会合が開かれて、赤羽一嘉国交大臣が「我が国においても引き続き感染者の数が増加しており、一層の水際対策の徹底、感染防止対策の強化が必要だ」と発言している。

 正直 確かに、感染を防止したいって気持ちは皆共通ですよね。

 館前 その通り。例えば海事局は、日本に寄港した中国クルーズ船や外航貨物船などに対して対応状況を確認するなどの対策をとっている。港湾局も各港湾管理者に情報共有の協力を要請し、航空局は武漢市からの直行便を運航する航空会社に機内アナウンスの協力を求めた。自動車局や鉄道局も、各分野の交通事業者や業界団体に感染対策の周知や実践の要請を発出した。もちろん観光庁も、旅行や宿泊分野の事業者と団体に働きかけている。それほど一般メディアに登場するわけではないが、人の移動にかかわる交通系の部局を中心に、対策に駆け回っているんだ。

 正直 うーん。お役所から頭ごなしに命令されたら腹が立ちますが、こういう場合は〝要請〟しかできないというのも歯がゆいですね。

 館前 我が国は民主主義の法治国家だからな。互いの立場を尊重して、できることをコツコツとやるしかない。

 上司 そろそろ君たちも自分の立場を理解して、コツコツと仕事に打ち込んでもらえるかな。

 館前&正直 ハイ、申し訳ありません!

連載「ニュースが分かる!Q&A」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています