お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

大言小語 データの大事さ

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 名選手必ずしも名監督にあらず。よく言われるフレーズだが、この人には当てはまらなかった。元南海ホークスの捕手として戦後初の三冠王に輝き、監督として南海・ヤクルトで5度の優勝と3度の日本一にチームを率いた。野村克也氏が2月11日、84歳で亡くなった。

 ▼野村氏といえば、データ野球の先駆者と言われる。ミーティングを長時間行い、選手が何を考えて野球に取り組んでいるのかを露わにする。氏の右腕として、データを収集するスコアラーによれば、ランナーをけん制した後の球種、ファウルを打った後の配球。更にそのファウルがチップなのかホームラン性の当たりなのかまで求められたという。

 ▼さて、ここまでのデータを不動産取引ではしっかり集められているだろうか。もちろん、法定の重要事項説明に関する事項であれば、用意してあるのは当然だ。それ以外に、その物件について、あるいは顧客について、あるいは取引態様について、ユーザーの痒いところに手が届いているだろうか。AIに取って代わられる職業? AIにはデータ収集を行わせればいい。それを駆使し、ユーザーに満足をもたらすのは、人間味あふれる取引業者しかないだろう。

 ▼偉そうなことを書いている本人も、本当に読者に満足してもらえる情報を知らせるための努力をしているだろうか。巨星が墜ちて遺してくれたものは、とてつもなく大きい。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています