お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

MaaS、郊外住宅地の活性化へ 日鉄興和不、都内の分譲マンション実験導入 小田急電、新百合ヶ丘で地域内移動サービス

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 MaaS(次世代交通システム)が住宅向けサービスとして広がりを見せている。日鉄興和不動産とモネテクノロジーズは、マンション向けMaaSの実証運行を東京都江戸川区で2月21日から実施。将来的に、MaaSを活用した郊外住宅地でのリーズナブルな分譲マンション供給の可能性を模索する。一方、小田急電鉄は、2月17日から新百合ヶ丘駅周辺エリアで、アプリを使ったMaaSによる地域内移動サービスの実証実験を開始。郊外住宅地での新たな移動サービスの提供を目指す。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています