お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

持続化給付金の電子申請 全国465カ所に支援会場 経産省

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 経済産業省は5月末までに、全国の計465カ所に持続化給付金の「申請サポート会場」を開設する。

 同月1日に受け付けを開始した同給付金の申請は、原則として電子申請が求められる。そこで同省は、自身で電子申請を行うことが困難な事業者も給付を受けられるよう、同月12日から「申請サポート会場」を開設している。

 当初は東京都と熊本県の計4カ所で開設し、同月16日までに全国計59カ所へと拡充。更に同月18日にも会場の追加を発表し、全国の合計を465カ所とする予定。また6月以降も順次会場を追加すると共に、設置されていない地域においては〝キャラバン隊〟を派遣して支援を行う。

 「申請サポート会場」の利用は、新型コロナウイルス感染症対策のため予約制。また、申請書類のコピー(可能ならば原本)を持参。詳細は同給付金事務局ホームページ(https://www.jizokuka-kyufu.jp/)を参照。

 同給付金は、同感染症の影響により前年同月比で売上高が半減した事業者を対象に、中小事業者に最大200万円、個人事業者に最大100万円を給付する制度。同月8日に算定方式を変更し、当初切り捨てとしていた10万円未満の額についても支給する方針に改めた。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています