お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

大言小語 環境変化に適応する

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 大震災や台風、または最近の外出自粛といった暮らし方、更にテレワークや時差出勤などの働き方でも、急激な変化に対して人々の本質が見えてくるとはよく言われること。在宅時間が増えると、マンションであれば、生活音や生活ごみの増加、バルコニーでの喫煙などに苦情が増えがちで、ストレスがたまる。

 ▼この時節柄では、エアコンや給湯器などを使用する時間が増え、故障のリスクが高まる。物件オーナーや賃貸管理会社は、入居者からの苦情の対応に追われる。改正民法で瑕疵担保責任から契約不適合責任に代わり、また、今般の国民総引きこもりの状況では、そうした不具合に対して家賃の「当然減額」を過度に求める声が増えるかもしれない。

 ▼自身の子供時代を振り返ると、夏の盛りも自宅には扇風機しかなく、よく学校帰りには、エアコンの効いた郵便局に立ち寄り、足ボタン式の冷水機で涼を取ったものだ。毎日通い過ぎて時々、注意も受けた。塾や学校の教室では、うちわの代用に下敷きを振って風を得ていた時代も今や懐かしい。

 ▼変化に柔軟に対応できるのは、人間が高度に知的な動物であるからこそ。非対面のオンライン化や電子化が一層進んでも、人ならではの事柄は残る。ニューノーマル(新常態)では、すべてを刷新する必要はない。ただ、どう暮らし、働くのか。各自、各社に各様の工夫と適応が求められ、真価が問われるのは確かだろう。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま予約受付中
受験対策講座2020
2020年度12月宅建試験向け 本試験ズバリ!直前予想講座
宅建解答速報号2020

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています