登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

大言小語 家賃相場の行方

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 手取り15万円のごく普通の一人暮らしの会社員。貯蓄もろくにない。ある日突然、「来月から3カ月手取り11万円になる。それ以降も給料はどうなるか分からない」と言われたら、どうだろう。社長に抗議してもどうにもならなければ、11万円で生活するしかない。趣味や旅行に使うお金は切り詰めて、場合によっては食費も節約するだろう。少なくとも消費したいとは思わない。

 ▼先日内閣府が発表した4~6月期のGDP(国内総生産)速報の年率換算27.8%減を家計に置き換えるとこんな感じだ。戦後最悪の落ち込みと言われてもピンとはこないだろうが、家計に置き換えると実感をもって経済の悪化を感じることができる。そして、そのシナリオは、家計においても所得減少や雇用悪化として現実になりかねない。

 ▼所得が下がれば、家賃を下げるために、郊外へ引っ越すという動きが出てくるかもしれない。実際、在宅勤務の普及で、郊外の分譲住宅に対する見直しの動きが表面化している。毎日通勤をする必要がないため、住環境の良さや住まいの広さが評価されたからだ。所得減少などをきっかけに、同様の動きが賃貸住宅で起きても不思議ではない。

 ▼在宅勤務に対応した郊外の賃貸住宅が増えれば、都心での家賃下落、郊外での家賃上昇という現象が表面化するかもしれない。今後の家賃相場の動きには、注目したほうがよさそうだ。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
予約受付中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
予約受付中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています