東京都マンション管理届出制度 締め切り迫るも届出率まだ2割 書類不着に管理士会と連携

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 東京都は、分譲マンションの管理不全を予防し、適正な管理を促進するため、19年3月に「東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例」(マンション管理条例)を制定し、20年4月から都道府県単位では初めて「マンション管理状況届出制度」を開始している。都内の要届出マンション(83<昭和58>年12月31日以前に新築された6戸以上の分譲マンション)約1万4000棟の管理組合を対象に管理状況の届出を義務付けた。8月末時点の届出率は2割超(郵送不着分を除くと3割程度)で、締め切りの9月30日を前に今後の届出率上昇への取り組みを聞いた。また、都に先行して7年前から全国で初めて同取り組みを始めた豊島区にも現況を聞いた。(池中隆)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています