お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

ハザード情報説明へ対応着々 住まい探し、契約書作成など

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 宅建業法改正に伴い、8月28日から重要事項説明時における水害ハザードマップ説明の義務化がスタートした。近年、甚大な被害をもたらす大規模水災害が頻発し、不動産取引時においても水害リスクに係る情報が契約締結の意思決定を行う上で重要な要素となっている状況を受けたもの。不動産事業者を支援するポータルサイト等でも対応が進む。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています