お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

大言小語 不快なスマホ広告

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 広告に関する消費者の苦情、相談は、価格、品質、契約や取引条件などに関するものが一般的だ。悪質な詐欺や個人情報に関わる内容なども挙げられる。しかし、スマホ広告に限定してみるとこれまでとは異なった問題も見えてくる。日本広告審査機構(JARO)が、20~40代のスマホ利用者を対象に実施した「スマホ広告における消費者調査」を会報誌で紹介している。サブタイトルは「不快な広告、不快ではない広告」。消費者が不適切、不快に感じる広告の実態を調べたものだ。

 ▼調査の参加者がスマホ広告に対して不適切、不快に感じた業種は、上位から漫画アプリ、健康食品、化粧品、求人・転職、マッチングアプリなどが続いている。問題点として指摘されたのは、「表現」と「表示のさせ方」が共に33%を占めて最も多く、次いで11%の「マッチング」が続いた。漫画アプリの広告には、過激な表現やショッキングなシーンが多いとし、マッチングでは自分は興味がないという興味不一致がそれぞれ理由に挙げられている。

 ▼不適切、不快とされたスマホ広告をJAROが確認したところ、3割は広告規制上問題なしというが、不快感を与える広告に効果が期待できるのかは疑問だ。更には7割に問題があることも深刻だ。マッチングサービスが普及しつつある不動産業界でも、「興味不一致」が今後、問題として浮かび上がってくるかもしれない。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2020(令和2)年度 賃貸不動産経営管理士試験 試験問題・解答解説
受験対策講座2020
2020年度12月宅建試験向け 本試験ズバリ!直前予想講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま予約受付中
宅建解答速報号2020

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています