【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

バーチャルポート 最新技術 建物3Dモデル化 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

建物をデータから3D化する

 バーチャルポート(名古屋市中区)は、建物を360度の高画質規格4Kで3D(3次元)モデル化するサービス『3Dバーチャルポート』の提供を4月に開始した。VR(仮想現実)空間を創出し、現地にいるかのような臨場感のある3Dモデルを構築できる(写真)。リノベーション買取再販事業などを手掛けるリアル(名古屋市)では先行して20件で利用しており、今後は全物件で導入する。

 米国製カメラの機能を最大限に発揮させた撮影画像を加工してVR空間を創出する。ウォークスルー機能を生かし、360度全方位のパノラマ空間で、実際に現地を歩いているような体験ができるという。空間データはクラウド上に作成するためインターネット環境さえあれば、場所や時間を選ばず閲覧できる。

 3Dモデル内には情報タグを埋め込める。文字やリンク、静止画、動画を追加することで、内見者などへの訴求力が一層高まる。空間内の高さなどの寸法も計測が可能だ。企業のホームページなどにも実装できるため、コロナ禍で非対面接客のニーズが増える中、3D空間を顧客と共有しながら商談できるツールとして、不動産会社などに導入を提案する。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建登録講習申込2022
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています