不動産テックEXPO

ライナフ 最新の顔認証システム ウォークスルーで入館 

この記事を読むのに必要な時間:約2分

サービスのイメージ図
 スマートロックなどのIoTやAI技術サービスを提供する不動産テック企業のライナフ(東京都文京区)は、立ち止まる必要がなく〝ウォークスルー〟で、集合住宅のオートロック共用エントランスを解錠できる新たな顔認証技術のエントランスサービス『ライナフGate』の提供を5月28日に始めた。先行して、三菱地所レジデンス(東京都千代田区)が開発する高品質賃貸マンション「ザ・パークハビオ」の新築物件での採用が決定した。

 新サービスは〝歩きながら〟でも、即座に「顔認証」で共用エントランスのオートロックを解錠する。あらかじめ、入居者がスマートフォンのアプリで「顔登録」しておけばすぐに利用できる。パスワードやQRコード、非接触ICカードでも解錠が可能だ(図参照)。

 荷物を持っていても、手間なく入館でき、非接触で感染症対策にもなる。来客の際には、アプリで共用エントランスを解錠でき、また、解錠履歴が残るために子供の見守りとしても、様々な場面で活用できる。清掃や工事業者などの作業では端末前で一時利用の顔登録を行えば、入館が可能になる。

管理業務を容易に

 不動産管理業務も容易にする。『ライナフGate』やスマートロックと連動する、入居者管理システム『スマートルーミング』を通じたパスワードなどの一時的な解錠方法を活用することで、内見などの仲介や管理業務の場面で立ち入りを認証できる。これらの設備の整備に、大規模な工事は必要ない。建物の設計段階で導入すれば、電源供給の場所や配線、設置方法などに配慮し、エントランスの外観を見越した配置ができる。

 今回、先行して採用を決めた三菱地所レジデンスが東京都内で新築中の物件には、全住戸106戸の玄関ドアの鍵に、ライナフが提供する住宅向けスマートロック『Ninja LockM』(ニンジャロック・エム)を設置し、『ライナフGate』も導入する。共用エントランスから各住戸の玄関ドアまで物理的な鍵の解錠の手間がなく、非接触なままに入室できる。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています