大言小語 ディープラーニング

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 集中力が欠如してくると、単純作業を挟み〝クッション〟として、思考の機会を設けてきた。DX(デジタルトランスフォーメーション)の最新技術で単純作業を自動化すれば、その思考や創造性のある仕事の時間がつくりやすくなるという。

 ▼ただ逆に、効率化に過ぎて、仕事上の〝余白〟を失うと、気持ちの余裕もなくなりそう。頭の良い人は意外にも、勉強でよく〝脱線〟するらしい。読書して様々な事項に興味がわくから、つい、横道にそれて色々と調べてしまう。結果的に全体を〝地図〟みたく俯瞰(ふかん)できる広い視野が養われる。応用力が付く。

 ▼本日付本紙のインタビュー(8面参照)で、「ポータブルスキル」を持つ人材の育成を意識している、との話を聞いた。どのような環境でも、(持ち運び可能な)実用性のある能力。先行き不透明な経済状況に、そうした人材育成が大切になる。一方、企業を弱体化させ、本人たちにとって、悲劇的で残酷な人材「非」育成の話も。

 ▼ある企業で部門長も務めていたような人たちが、それぞれの転職先では、叱責される日々だという。教わっていない、分からないと、すぐに人に頼る。まずは自身で考えてみる力や習慣が養われていないからだそう。自立・自律なく他力本願で試行錯誤もない〝思考停止〟では今後、AI(人工知能)に仕事を奪われかねない。その〝機械〟でさえも、ディープラーニング(深層学習)するのだから。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています