大言小語 おもてなし

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 東京五輪がいよいよ始まった。開会式に先んじて行われた女子ソフトボールの日本代表がオーストラリア代表にコールド勝ちし、幸先のよいスタートとなった。中止か開催で意見が割れたまま大会に突入したうえ、場外では直前に無観客大会に決まった赤字負担を巡って国と都がバトルを始めている。国民は半ば呆れ気味で、国内でオリンピックという実感がわかないのが実情だろう。

 ▼参加国の選手団は、コロナ禍の苦境を乗り越えて、1年の空白期間を耐え忍んで、それぞれ東京五輪に臨んでいる。少なくともパラリンピックまでの全日程が終了するまでは、競技と真剣に向き合う参加国すべての選手たちを応援し、見届けたい。

 ▼振り返れば、東京の五輪招致が決定したのは13年に開かれたIOC総会。プレゼンテーション役として登壇した滝川クリステルさんが、訪れる人を心から慈しみ迎える日本社会に息づく「おもてなし」のアピールが話題になった。残念なことにこのスピーチのように世界各国の客人を迎える大会の実現には至らなかった。しかし、画面を通してでもその心と、日本の魅力を世界に届けることが今なすべきこと、できることではないだろうか。それがいつの日にか世界の人々の訪日につながることになる。

 ▼訪日客がいなくても無観客競技であっても、世界中の目が今、東京、日本に注がれている。日本にとって半世紀ぶりの熱い夏になる。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています