マンションリフォームマネジャー試験のご案内

ブロックチェーン活用 新技術 シヤチハタ

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 各種印鑑のシヤチハタ(名古屋市西区)は、ブロックチェーン(分散型台帳)技術などに強みを持つケンタウロスワークス(東京都千代田区)や、早稲田リーガルコモンズ法律事務所(東京都千代田区)と、ブロックチェーンを利用した電子印鑑システム『NFT印鑑』を共同開発することで8月18日に合意した。

 新システムは、印影のデータを偽造不可の証明書付きのデジタルデータ「NFT(非代替性トークン)化」することで、印鑑保有者の情報と印影情報を結びつける。従来の電子印鑑が抱えていた、印影が偽造されるリスクの問題を解消する。改ざんを防ぐ特長を持つブロックチェーン技術により、唯一無二の固有性を持つ電子印鑑を提供する。

 これまでに提供されている電子契約サービスの利用者から、「印影が表示されず、書類が締結済みなのかどうなのかが分かりづらい」といった声を聞き、この解消を図る。

 押印の痕跡が一目で分かる「見読性」を備えつつ、押印者の本人性を証明する機能を持たせる「デジタル時代の新たな印影(印鑑)」を実現する(本人確認機能は今後、段階的に実装する)。実用化後には、さまざまな電子契約プラットフォームのサービス間で利用できるようにする。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています