登記サービスならNTTデータの地図クラウドサービス - BizXaaS MaP

オープントーン データ連携を支援 スマートシティ実現など

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 ソフトウェア開発・販売のオープントーン(東京都千代田区)は、スマートシティにも活用できる「データプラットフォーム」の提供を9月8日に始めた。

 自治体などが持っている既存のオープンデータを有効活用して、新型コロナウイルス感染症情報などの、データの収集や活用までに掛かる時間を短縮でき、地域経営で生かせるデータ基盤環境を迅速に導入できるようにする。

 地域でのDXやスマートシティ実現などへの取り組みを支援していく。自治体や政府機関、独立行政法人などが現在保有して提供している既存のオープンデータを収集しながら活用できる。各種の情報を〝データ〟として活用できるまでの工程となる収集から整理、管理、可視化、分析までをプラットフォームで容易に実現し、施策の立案や都市計画などの場面で生かせる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています