登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

渋谷二丁目17地区市街地再開発 ヒカリエ隣に23階建て着工 東急、回遊性高め〝つなぐ場〟目指す

この記事を読むのに必要な時間:約2分

再開発工事現場と仮囲いアート
 渋谷二丁目17地区市街地再開発組合とその参加組合員の東急は12月1日、東京・渋谷駅東口エリアで進められている同再開発事業の新築複合ビル工事を着工した。同社が「100年に一度の規模」と位置付け、同駅周辺で進めている再開発事業の一環。新施設だけでなく、駅周辺の回遊性や対流性を高めてにぎわい創出を目指す。

 同再開発事業は、渋谷ヒカリエに隣接する約3460m2の計画地に、地上23階地下4階建て・高さ120メートルの複合施設を建設するもの。延べ床面積は約4万4500m2。1~4階を店舗等、5~23階をオフィスとするほか、1~2階には渋谷ヒカリエとの連絡通路も設ける。

 「脱炭素に向けたサステナブルな街づくり」(東急)を目指し、環境配慮にも力を入れる。渋谷エリアで初めて、また都内の超高層複合用途ビルとしても初の「ZEB Oriented」認証を取得したほか、BELSの建築物全体評価で最高ランクの5つ星を取得した。総事業費は約300億円。竣工・開業は24年度上期を予定している。

 12月1日に開かれた事業説明・見学会で、同社渋谷開発事業部開発計画G開発計画(5)担当の田中晃吉課長補佐は、「本事業は開発と交通の連携、官と民の連携の下で進める計画。地権者らの意思を反映し、渋谷と青山、街と人、人と人などをつなぐ場として『TSUNAGI―BA(つなぎば)』を事業コンセプトとして掲げた」と解説。渋谷駅周辺の街づくりの一環として、エリア価値向上を重視する姿勢を強調した。

 リーシング状況について、田中課長補佐は「オフィスについては現在約半数のフロアで内定済み。店舗フロアは、事業コンセプトを踏まえ案内するテナント等を検討中」と語った。

 同再開発事業を通じて人や文化の交流を促進する取り組みの一環として、工事期間中も現場の仮囲いにアート作品を展示する「渋谷二丁目アートプロジェクト」を実施。新築工事着工および見学会と併せ、同日には手掛けたアーティストによる作品へのサイン入れも行われた。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています