登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

アールシーコア 自然感じる分譲地形成 福岡県、長野県で宅地販売

この記事を読むのに必要な時間:約2分

分譲地周辺には豊かな自然がある(写真は「那珂川」) 分譲地の完成イメージ。心地よいコミュニティ目指す(画像は「那珂川」)
 「BESS」ブランドでログハウス事業を展開しているアールシーコア(東京都渋谷区)は1月から、新規事業「FuMoTo」初の分譲地販売を開始。分譲地は福岡県那珂川市大字市ノ瀬で全25区画、長野県小諸市大字菱平字西丸山で全20区画。いずれも豊かな自然があり、心地よいコミュニティ形成を目指す。

 同社は五感で自然を感じ、手間を楽しむ暮らしを「梺(ふもと)ぐらし」と命名し提案してきた。「FuMoTo」事業は「梺ぐらし」に共感するコミュニティをつくるのが目的だ。「されて嫌なことはなるべくしない」「楽しいことは遠慮なく、正しいことは控えめに」といった感性や価値観、マナーを記した「梺六範(ふもとろっぱん)」に賛同した人に販売するというユニークなスタイルを取る。

 那珂川市の分譲地名は「那珂川 十入道(とおにゅうどう) FuMoTo」。昔から大切にされてきた石仏があり、そこから那珂川岸方面を「十入道」と呼んでいたことから名付けた。立地はJR博多南駅からバスで28分・徒歩1分。福岡市への通勤も可能な場所である一方、山あいの雰囲気も楽しめる。

 1月7日から販売開始。販売区画数は全25区画。1区画当たりの敷地は148~288m2。別途専有駐車場のスペースが付く。販売価格は1080万~2180万円。

 長野県小諸市の分譲地名は「小諸 梅の坂上 FuMoTo」。「梅の坂上」は地元で大切にされている梅と中心地から坂を上った先の場所という意味を組み合わせた。立地はJR・しなの鉄道小諸駅から徒歩21分。雄大な自然と風情のある景観が楽しめる。

 1月14日から販売を開始する。販売区画数は全20区画。1区画当たりの敷地は253~444m2(共有拠出分含む)。販売価格は620万~830万円。

 宅地には「BESS」ブランドに限らず、「FuMoTo」事業に賛同した地元企業の家も建てられる。建物完成後の居住者組合の設立や、コミュニティの形成もサポートする方針だ。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています